結婚そして離婚と離婚率

アクセスカウンタ

zoom RSS 離婚は恥ではない

<<   作成日時 : 2008/08/09 08:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

日本では平成元年から平成15年にかけて離婚件数が増加し、その後減少している。

厚生労働省「人口動態統計」によると、平成元年の離婚件数は約20万件、平成14年は29万組となっている(離婚率でいえば、平成17年で人口1000人あたり2.08である)。平成14年を境に減少傾向となっており、離婚率が3.39であった明治時代に比べれば少ない(これは、明治時代の女性は処女性よりも労働力として評価されており、再婚についての違和感がほとんどなく、嫁の追い出し・逃げ出し離婚も多かったこと、離婚することを恥とも残念とも思わない人が多かったことが理由とされている)。

現代の離婚の原因の主なものは「性格の不一致」である。また、熟年結婚が熟年夫婦による離婚の数値を押し上げている。





★離婚を考えたときに読んでほしい本です★





中小企業金融公庫の活用法

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
離婚は恥ではない 結婚そして離婚と離婚率/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる